投資の方法の1つとして不動産投資というものがあります。現在の不動産投資はその多くがマンション経営のような形で行われており、家賃収入がそのまま不動産投資による利益につながる形となっています。そのため、不動産投資を行うオーナーは本来、賃貸業務について自分で担当しなければなりません。しかし、それでは手間が多く、副業では行なうことが難しくなってしまう、と紹介しているのが東京日商エステムという会社です。東京日商エステムは自社の所属する日商エステムグループと連携することによって、不動産投資に関係する様々な業務を担当できるようにしている会社であり、その業務の中の1つにはマンション経営のサポートも含まれています。

それでは、東京日商エステムを利用することによって、どのような業務の代行を依頼するとこができるのでしょうか。ここでは、東京日商エステムが考える、特に不動産投資・賃貸運営を行っていく上で、オーナーにとって負担となりやすい業務について紹介します。

東京日商エステムはオーナーにとっての負担となりやすいこととして、まず入居者の確保をあげています。前述の通り、賃貸運営によって利益を上げるためには、当然この物件に入居して家賃を支払ってくれるような住人が必要となります。この住人探しというのはオーナーにとって負担となる業務の1つです。東京日商エステムでは独自のネットワークを使用することによって入居者探しを行うことができるようになっており、さらにその入居者についての審査についても合わせて行うことができるようになっているため、特別なことをせずともオーナーに利益をもたらすことができるのが魅力であると紹介しています。

さらに東京日商エステムがオーナーにとっての負担となりやすいこととして、退去時の対応をあげています。賃貸住宅から人が退去する場合については、原状回復という作業を行う必要があります。入居者が住んでいたことによって傷んでいる場所や、汚れている場所について修繕を行い、キレイな状態にした上で次の人に貸し出すという作業です。東京日商エステムではこの原状回復を行う業者についても連携を行っているため、オーナーの負担とならない形で回復できるようになっています。

また、東京日商エステムはこの退去時には敷金を巡る問題などが発生することも多く、オーナーの手をわずらわせる原因となっていると紹介しています。これについても対応ができるのが強みです。

【イチオシサイト】社員が自分の会社の評価をするというのは、なかなか会社の中では出来ないことです。もしやっていたとしても、それは私達の目に入ることはないでしょう。しかし、就職するに当たって社員はその会社にどれだけ満足しているのか?ということは、大きな判断基準になります。大阪府で不動産業を行っている会社の口コミや評価はこちら→→東京日商エステムの会社評価スコア掲載サイト