不動産投資を考えているオーナーに向けて、様々な形で不動産投資に関する情報やサポートを提供している会社であるのが、東京日商エステムです。この東京日商エステムが主に活動を行っているのは首都圏ですが、その理由はどのような部分にあるのでしょうか。ここでは、東京日商エステムが考える不動産投資を成功に導くためのポイントに付いて紹介し、それが何故首都圏での展開を中心にしていることに結びついているのかについて紐解きます。

東京日商エステムは、不動産投資が成功するかどうかを決定しているのは、運用を始めてからではないと考えています。主に重要なのは前準備の段階で、要するに「どこにどんな物件を建築するのか」ということを決定する段階であるというように語っています。もちろん建築後の運用や管理についても重要なポイントがありますが、それよりもどこにどんな物件があるのか、ということが全体の利益を左右するという意味です。

それでは、東京日商エステムはどのようにして「どこにどんな物件を建築するか」を決定しているのでしょうか。そのプロセスの最初の段階となっているのが、徹底的なマーケティングリサーチです。それぞれの地域によって、求められている物件には違いがあります。例えば単身者が多くシングル向け物件が求められている地域もあれば、家族が多くファミリー向け物件が求められている地域もあります。これらについてしっかりと調査を行い、適切な物件の建築を行うことが入居者の向上に役立つことになります。さらにそれだけではなく、そもそも入居を希望する人がどれだけいる地域なのか、という根本的な需要についても把握しておくことが不動産投資を行う上では重要なポイントとなっていると東京日商エステムは紹介します。

こうしたマーケティングリサーチの結果、東京日商エステムが導き出したのが、首都圏における不動産投資効率の高さです。首都圏は多くの人がいる場所であり、多様な入居者による入居を期待することができる場所でもあります。地価の関係で総額こそ高くなりがちな地域ではありますが、その部分を差し引いたとしてもメリットのほうが大きい地域であると東京日商エステムは考えています。ただし、首都圏だけで展開しているわけではなく、近畿や中京、沖縄のような別の都市についても展開を行うようになっており、東京日商エステムの活動範囲が広がっている状況にあります。多くの物件運用によるノウハウが東京日商エステムにはあります。