投資方法の1つとして、不動産投資というものがあります。この不動産投資について専門として取扱、様々な形で業務を展開している会社として、東京日商エステムがあります。この東京日商エステムは自社だけではなく、同グループである日商エステムグループによる業務連携を行うことによって、不動産投資にかかる様々な業務をグループ内だけで完結させることができるようになっているワンストップな不動産投資システムが利用できる点を大きなメリットの1つとして紹介しています。実際、不動産投資を行う場合、一つ一つの業務について業者を探していると手間がかかり安いというデメリットがあります。その点をカバーすることができるようになっているのが東京日商エステムの強みです。

それでは、その他に東京日商エステムが持っている強みとしてはどのようなものがあるのでしょうか。東京日商エステムは自社の強みの1つとして、上記のようなグループ会社の展開の広さについて紹介しています。東京日商エステムが主に不動産提供を行っているエリアは首都圏ですが、昨今ではそれだけではなく、近畿圏や中京圏、沖縄などの主要都市のある場所に対してもエリアを展開するようになっており、様々な場所で不動産投資の方法を考えることができるようになっているのが魅力であると紹介しています。

さらに東京日商エステムは26年という長い歴史を持っている会社であり、その間に培ってきた多くの業績とノウハウがあることもポイントの1つであると紹介しています。過去に多くの不動産投資に実際に関わってきているからこそ分かる情報があり、それらを利用することができることによって魅力的な業務の展開できるようになっている、というのが強みであると考えています。

その実績となっているのが、東京日商エステムで取り扱っている不動産物件の入居率の高さにあります。実際に東京日商エステムで取り扱うマンション物件であるエステムプラザシリーズにおける入居率は、98%を上回っています。ほとんど空室が発生しないような高度な運用が行われるようになっていることによって、不動産投資に於けるリスクの1つである空室による家賃収入の不足を防ぐことができるようになっているのが特徴と言えるでしょう。これは、日商エステムグループによる独自ネットワークを利用した入居者募集網が利用できるようになっていることが大きな理由となっており、迅速な入居者の決定ができるようになっています。