将来に向けた個人の資金形成が重要になると言われている中で、自分の資産を運用する方法について考えている方も多いのではないでしょうか。ここではそんな資産運用の方法として、不動産投資にメリットがあるとして業務を展開している、東京日商エステムについて紹介します。東京日商エステムでは不動産投資に関わる様々な業務についてグループで担当するようにしている会社であるということもあり、不動産投資に関して全般的な知識と情報を所有しています。

それでは、実際に東京日商エステムが考えている不動産投資の持っているメリットについてはどのような部分があるのでしょうか。まず東京日商エステムが考えているメリットの1つとして、「初期費用が少なくともはじめることができる」というポイントがあります。不動産投資というと、不動産自体が高額なものであることから、膨大な資金がなければはじめることができないというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。東京日商エステムはこれは正しい認識ではないとしており、実際には不動産投資の際に使用することになる物件の購入はローンで行うことになるため、初期費用として必要となるお金はあまりないことを紹介しています。その後のローンの支払についても、基本的に入居者が十分にいるのであればその家賃収入によって概ね相殺できるようになっているため、自分からお金を支払うことなく投資ができる可能性もあるというのが東京日商エステムの考える不動産投資のメリットの1つです。

さらに東京日商エステムでは、不動産投資を行う場合に使用することになる事業用ローンに付随している、団体信用生命保険の持つメリットについても紹介しています。住宅をローン購入する場合については、ほぼ必ずこの団体信用生命保険への加入が必要となります。こちらの生命保険は、もし万が一オーナーの身に問題が発生した場合、その住宅に残っている不動産ローンの残高を保険として拠出してくれるというシステムとなっています。東京日商エステムはこのシステムを利用することによって、一般的な生命保険の代わりとして利用できるようになっているのも不動産投資の持っているメリットの1つであると紹介しています。

東京日商エステムは、不動産投資にも一定のリスクがあることをしっかりと説明しています。そのリスクは入居率が低い場合、利益が減ってしまう可能性があるという点です。これについては、高い入居率を誇るサポートで東京日商エステムが支えてくれるようになっています。