各種負担を取り払う不動産投資

投資の方法の1つとして不動産投資というものがあります。現在の不動産投資はその多くがマンション経営のような形で行われており、家賃収入がそのまま不動産投資による利益につながる形となっています。そのため、不動産投資を行うオーナーは本来、賃貸業務について自分で担当しなければなりません。しかし、それでは手間が多く、副業では行なうことが難しくなってしまう、と紹介しているのが東京日商エステムという会社です。東京日商エステムは自社の所属する日商エステムグループと連携することによって、不動産投資に関係する様々な業務を担当できるようにしている会社であり、その業務の中の1つにはマンション経営のサポートも含まれています。

それでは、東京日商エステムを利用することによって、どのような業務の代行を依頼するとこができるのでしょうか。ここでは、東京日商エステムが考える、特に不動産投資・賃貸運営を行っていく上で、オーナーにとって負担となりやすい業務について紹介します。

東京日商エステムはオーナーにとっての負担となりやすいこととして、まず入居者の確保をあげています。前述の通り、賃貸運営によって利益を上げるためには、当然この物件に入居して家賃を支払ってくれるような住人が必要となります。この住人探しというのはオーナーにとって負担となる業務の1つです。東京日商エステムでは独自のネットワークを使用することによって入居者探しを行うことができるようになっており、さらにその入居者についての審査についても合わせて行うことができるようになっているため、特別なことをせずともオーナーに利益をもたらすことができるのが魅力であると紹介しています。

さらに東京日商エステムがオーナーにとっての負担となりやすいこととして、退去時の対応をあげています。賃貸住宅から人が退去する場合については、原状回復という作業を行う必要があります。入居者が住んでいたことによって傷んでいる場所や、汚れている場所について修繕を行い、キレイな状態にした上で次の人に貸し出すという作業です。東京日商エステムではこの原状回復を行う業者についても連携を行っているため、オーナーの負担とならない形で回復できるようになっています。

また、東京日商エステムはこの退去時には敷金を巡る問題などが発生することも多く、オーナーの手をわずらわせる原因となっていると紹介しています。これについても対応ができるのが強みです。

【イチオシサイト】社員が自分の会社の評価をするというのは、なかなか会社の中では出来ないことです。もしやっていたとしても、それは私達の目に入ることはないでしょう。しかし、就職するに当たって社員はその会社にどれだけ満足しているのか?ということは、大きな判断基準になります。大阪府で不動産業を行っている会社の口コミや評価はこちら→→東京日商エステムの会社評価スコア掲載サイト

ローンの違いに詳しい会社

不動産投資を行う場合、投資の為に使用することになるマンションなどの物件については、現金で購入するものではありません。基本的にローンを使用して購入することになります。そしてその後の運用によって発生する家賃収入をこのローンの支払いに充てていくことによって、次第にローンを減らし、最終的には家賃収入をそのまま自分の利益として得られるようにする、というのが不動産投資の目的としている部分です。これらの部分についてより詳しく紹介をしてくれるのが、東京日商エステムという会社です。この東京日商エステムは不動産投資に関する全般的な業務についてグループの一貫体制で行うようにしている会社であり、いずれの業務についても十分な知識を持っているのが特徴です。

東京日商エステムは賃貸用物件購入のためのローンについて、一般的な不動産を購入する際に使用される住宅ローンとは全く違っているものであることを紹介しています。そのため、住宅ローンがまだ残っているという場合であっても、新しく投資用不動産購入のための投資を申し込むことができるようになっています。この理由について東京日商エステムは、不動産投資用物件の購入のために使用するローンは事業用ローンであるため、住宅ローンとはカテゴリーが違っており、競合しないものであることを紹介しています。

また、東京日商エステムではこのローンについても詳しいファイナンシャルプランナーなどを在席させている会社でもあります。そのため、不動産投資について金銭上の不安や疑問がある場合、逐一相談をすることによってその疑問を解決してもらうことができるでしょう。不動産投資によって利益を得たいと思う場合、一つ一つのお金の流れについてもしっかりと把握し、キャッシュフローについて計算できるような状態にしておく必要があるため、これらについてのサポートも欠かさずに行っているのが東京日商エステムの強みです。

さらに東京日商エステムは、不動産投資を行う場合に使用するローンでは、頭金が発生しないものも存在していることを紹介しています。そのため、初期費用がないという方であっても、十分な信用情報を持っているのであれば不動産投資をはじめることができる可能性が十分にあるということです。東京日商エステムは投資である以上全くのノーリスクということはないとはしつつも、グループ全体でサポートを行うことによってそのリスクを低減することができると紹介しています。

複数のメリットのある不動産投資

将来に向けた個人の資金形成が重要になると言われている中で、自分の資産を運用する方法について考えている方も多いのではないでしょうか。ここではそんな資産運用の方法として、不動産投資にメリットがあるとして業務を展開している、東京日商エステムについて紹介します。東京日商エステムでは不動産投資に関わる様々な業務についてグループで担当するようにしている会社であるということもあり、不動産投資に関して全般的な知識と情報を所有しています。

それでは、実際に東京日商エステムが考えている不動産投資の持っているメリットについてはどのような部分があるのでしょうか。まず東京日商エステムが考えているメリットの1つとして、「初期費用が少なくともはじめることができる」というポイントがあります。不動産投資というと、不動産自体が高額なものであることから、膨大な資金がなければはじめることができないというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。東京日商エステムはこれは正しい認識ではないとしており、実際には不動産投資の際に使用することになる物件の購入はローンで行うことになるため、初期費用として必要となるお金はあまりないことを紹介しています。その後のローンの支払についても、基本的に入居者が十分にいるのであればその家賃収入によって概ね相殺できるようになっているため、自分からお金を支払うことなく投資ができる可能性もあるというのが東京日商エステムの考える不動産投資のメリットの1つです。

さらに東京日商エステムでは、不動産投資を行う場合に使用することになる事業用ローンに付随している、団体信用生命保険の持つメリットについても紹介しています。住宅をローン購入する場合については、ほぼ必ずこの団体信用生命保険への加入が必要となります。こちらの生命保険は、もし万が一オーナーの身に問題が発生した場合、その住宅に残っている不動産ローンの残高を保険として拠出してくれるというシステムとなっています。東京日商エステムはこのシステムを利用することによって、一般的な生命保険の代わりとして利用できるようになっているのも不動産投資の持っているメリットの1つであると紹介しています。

東京日商エステムは、不動産投資にも一定のリスクがあることをしっかりと説明しています。そのリスクは入居率が低い場合、利益が減ってしまう可能性があるという点です。これについては、高い入居率を誇るサポートで東京日商エステムが支えてくれるようになっています。

日商エステムグループでの一貫した業務

投資方法の1つとして、不動産投資というものがあります。この不動産投資について専門として取扱、様々な形で業務を展開している会社として、東京日商エステムがあります。この東京日商エステムは自社だけではなく、同グループである日商エステムグループによる業務連携を行うことによって、不動産投資にかかる様々な業務をグループ内だけで完結させることができるようになっているワンストップな不動産投資システムが利用できる点を大きなメリットの1つとして紹介しています。実際、不動産投資を行う場合、一つ一つの業務について業者を探していると手間がかかり安いというデメリットがあります。その点をカバーすることができるようになっているのが東京日商エステムの強みです。

それでは、その他に東京日商エステムが持っている強みとしてはどのようなものがあるのでしょうか。東京日商エステムは自社の強みの1つとして、上記のようなグループ会社の展開の広さについて紹介しています。東京日商エステムが主に不動産提供を行っているエリアは首都圏ですが、昨今ではそれだけではなく、近畿圏や中京圏、沖縄などの主要都市のある場所に対してもエリアを展開するようになっており、様々な場所で不動産投資の方法を考えることができるようになっているのが魅力であると紹介しています。

さらに東京日商エステムは26年という長い歴史を持っている会社であり、その間に培ってきた多くの業績とノウハウがあることもポイントの1つであると紹介しています。過去に多くの不動産投資に実際に関わってきているからこそ分かる情報があり、それらを利用することができることによって魅力的な業務の展開できるようになっている、というのが強みであると考えています。

その実績となっているのが、東京日商エステムで取り扱っている不動産物件の入居率の高さにあります。実際に東京日商エステムで取り扱うマンション物件であるエステムプラザシリーズにおける入居率は、98%を上回っています。ほとんど空室が発生しないような高度な運用が行われるようになっていることによって、不動産投資に於けるリスクの1つである空室による家賃収入の不足を防ぐことができるようになっているのが特徴と言えるでしょう。これは、日商エステムグループによる独自ネットワークを利用した入居者募集網が利用できるようになっていることが大きな理由となっており、迅速な入居者の決定ができるようになっています。

投資の成否を分けるマーケティングリサーチ

不動産投資を考えているオーナーに向けて、様々な形で不動産投資に関する情報やサポートを提供している会社であるのが、東京日商エステムです。この東京日商エステムが主に活動を行っているのは首都圏ですが、その理由はどのような部分にあるのでしょうか。ここでは、東京日商エステムが考える不動産投資を成功に導くためのポイントに付いて紹介し、それが何故首都圏での展開を中心にしていることに結びついているのかについて紐解きます。

東京日商エステムは、不動産投資が成功するかどうかを決定しているのは、運用を始めてからではないと考えています。主に重要なのは前準備の段階で、要するに「どこにどんな物件を建築するのか」ということを決定する段階であるというように語っています。もちろん建築後の運用や管理についても重要なポイントがありますが、それよりもどこにどんな物件があるのか、ということが全体の利益を左右するという意味です。

それでは、東京日商エステムはどのようにして「どこにどんな物件を建築するか」を決定しているのでしょうか。そのプロセスの最初の段階となっているのが、徹底的なマーケティングリサーチです。それぞれの地域によって、求められている物件には違いがあります。例えば単身者が多くシングル向け物件が求められている地域もあれば、家族が多くファミリー向け物件が求められている地域もあります。これらについてしっかりと調査を行い、適切な物件の建築を行うことが入居者の向上に役立つことになります。さらにそれだけではなく、そもそも入居を希望する人がどれだけいる地域なのか、という根本的な需要についても把握しておくことが不動産投資を行う上では重要なポイントとなっていると東京日商エステムは紹介します。

こうしたマーケティングリサーチの結果、東京日商エステムが導き出したのが、首都圏における不動産投資効率の高さです。首都圏は多くの人がいる場所であり、多様な入居者による入居を期待することができる場所でもあります。地価の関係で総額こそ高くなりがちな地域ではありますが、その部分を差し引いたとしてもメリットのほうが大きい地域であると東京日商エステムは考えています。ただし、首都圏だけで展開しているわけではなく、近畿や中京、沖縄のような別の都市についても展開を行うようになっており、東京日商エステムの活動範囲が広がっている状況にあります。多くの物件運用によるノウハウが東京日商エステムにはあります。